昭和 30 






昭和34年(1959)
広島市可部町に於いて現社長友廣和有が経営理念を掲げ鋳造工場を創設する。(資本金 50万円)




















 

 

 

 

 

 















 

 

 35 

















40 









昭和42年(1967)
第二次設備近代化3ヶ年計画として第2工場を落成し、3.5tキューポラ、10t、5t天井走行クレーンを設備して大型定盤鋳物の製造に着手する。国税局の優良法人制度施行により可部税務署より第一回納税優良法人の表彰を受ける。
45  昭和45年(1970)
構造改善事業として第1工場の改築、低周波誘導電気炉3.5tを設置してダクタイル鋳鉄の製造に着手する。(資本金 1,000万円に増資)









昭和48年(1973)
安佐町飯室に金型鋳造のマンホール専門の製造目的で、安佐工場を創設する。(資本金 2,000万円に増資)

50 





昭和50年(1975)
第六管区海上保安庁より物品製造指定資格を取得。浮標燈の鋼製標本の製造及び重錘に着手する。

55 







昭和55年(1980)
建設省中国地方建設局より製造指定認可を得る。
(資本金 2,950万円に増資)
第二次構造改善により金属成分分光分析装置導入。
(資本金 3,500万円に増資)

60 


昭和57年(1982)
住宅都市整備公団よりマンホール鉄蓋・鋳鉄製ボックスの製造指定認可を得る。日本道路公団よりマンホール・ハンドホール鉄蓋の製造指定認可を得る。

昭和58年(1983)
山県郡千代田町本地に工場用地として確保した山林を造成工事により運動場として使用開始。(12,000m
2

平成1 



昭和61年(1986)
第三次構造改善事業として安佐中物工場の増産体制の準備に伴い3.5t低周波誘導炉を設置。(資本金 3,950万円に増資)

昭和63年(1988)
 工機工場に省力化及び品質向上のためマシニングセンター導入。

平成元年(1989)
日本工業規格ダクタイル鋳鉄表示許可工場として許可取得。
(中国通産局管内第1号)
第五回(通算23年間)広島北税務署より納税優良法人の表彰を受ける。同時に、中国国税局長表彰を受ける。

平成2年(1990)
大型鋳物工場の生産を可部工場より移転。同時に高周波炉5t炉2基を設置。

平成3年(1991)
建設工事業「鋼構造物工事業」「タイル、煉瓦張り工事業」の知事許可取得。







5 
平成6年(1994)
グラウンドマンホールの製造メーカーとして、(社)日本下水道協会より下水道用資器材製造工場の工程検査を受け認定工場となる。
グラウンドマンホールを主とする建設機材の販売商社として(株)友鉄ランドを設立、友鉄工業(株)100%出資会社として販売力強化と独立経営を計る。

平成10年(1998)
友鉄工業本社(事務所&食堂)を落成
3次元CAD/CAM導入

平成11年(1999)
東工場の建築